モメンタキッズ代表のご挨拶

 こんにちは、モメンタキッズ代表のフィリップ・ジェイコブソンです。
フィリップ日本が大好きで14年前に来日して以来、日本で生活を続けているオーストラリア出身の2児のパパです。

約十数年英会話の講師として「英語」を子供たちに教えてきました。

 週1回のスクール形の英会話授業、国内の英会話教室、インターナショナルスクールなど、多くの子供たちに指導してきました。
しかし、子どもたちがなかなか英語を「使える言葉」にすることができないという現実がありました。
 ピアノ、水泳、スポーツなど、他の習い事と違って「英語」は日本国内でマスターすることがとても困難です。
他の習い事は一人で練習し習得する事が出来るのですが、英語の土台は「コミュニケーション」であるため、一人学習では「コミュニケーション」を構築することはとても難しいのです。
「コミュニケーション」を構築するためには「一定期間、コミュニケーションを必要とする環境」が必要です。しかし、その環境が日本にはほとんどありません。 多くの子供たちに英語を教えるうえで特に大切だと感じるのは、子どもたちに「必要に迫られて英語を身に付ける」環境を与えることだとおもいます。(これは、大人のみなさんご自身も同じお気持ちではないでしょうか)。
ですから、私たちモメンタキッズでは、「英語が必要」な環境を子供たちに経験させる場を提供したいと考えました。 そこで思いついたのが英会話キャンプです。5日間で思いっきり英語を使って英会話のスイッチをONにすることがモメンタキッズの目的です。

3

 コミュニケーションの楽しさや英語を話す喜びというのは「言語の違う誰かに気持ちが通じた」という体感なのです。 モメンタキッズの英会話キャンプは、子供たちに「英語を媒介としてだれかと通じ合う」喜びを実感させることができるプログラムです。

 英語に触れ合うだけでなく大自然の中でのキャンプは、人間的な成長、親両親から離れ主体性をはぐくむ土台を創り、豊かな心を育てます。

 近い将来、「英語」はコミニュケーションの重要な「ツール」となることは間違いありません。少しでも可能性の種を蒔いてあげたい。
6 「英語」を通して子供たちが感じれる「世界観」を広げてあげたい。
わたしはそう信じて日々子供たちと向き合っています。

 英語で理解し合う力を育て、英語や外国人に抵抗のない、自信にあふれた子どもたちを育てる、モメンタキッズのプログラムは、子どもたちの未来への素晴らしい贈り物になると信じています 。

Phillip Jacobson.
モメンタキッズ代表